スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JRさわやかウォーキング清水駅

2月21日(土)は JRさわやかウォーキング清水駅から出発の
『ちびまる子ちゃんのふるさとと清水・波止場浪漫ウォーキング』に参加してきました。
ここのところ 土日の予定がないため ウォーキングに出かけられます。

この清水駅からのコースは 以前歩いたことがありますが 今回のコースとは
一部違っているので どこに行けるか楽しみでした。
清水駅に着いたのは 9時過ぎでした。
045.jpg

ここからしばらくは 以前歩いたところと同じで 見た景色が多かったため
どんどん歩いていきました。
しばらく歩くと 追分ようかんの看板が見えます。
清水5

さわやかウォーキング開催時は 店内が込み合い外に50m近く行列ができます。
以前にも 買うのを断念したので 今回は是非と思いましたが
行列の凄さを見て やはり今回も断念・・
金屋橋手前には 追分と金屋橋の今昔という看板もありました。
ここまでは 歩いたことのある道ですが ここから少し違う道にそれて公園脇を通り
梅蔭寺へ
清水1

そこから500m歩いたところに 清水次郎長の生家があります
058.jpg

狭い長屋つくりのお家で 二間のみの狭いお家でした。
065.jpg

縁取りのない畳をはじめてみました。。
小さな庭もありましたが 売店で お土産に 金の勝札を買いました。
066.jpg

それからまた400m歩くと 次郎長の船宿『末廣』があります
清水6

ここは 次郎長が晩年 英語塾に力を入れ 多くの人が英語を習ったとの事。。
賭け事の次郎長さんのイメージがありましたが 教育にも力を入れていたと初めて知りました。
また 次郎長さんがいなかったら 静岡の開墾はなかったのこと。。。勉強になりました。

館内には 吊るし雛が展示されていましたが すべてが赤い輪の中にある吊るし雛でした
069.jpg

073.jpg

次郎長さんの実寸大でしょうか。。175cmの主人と比べると 少し小柄ですが
当時の人としては 大きい人だったのかも。。。
ここには 載せられませんが 並んだ主人と顔が兄弟のように似ていて
あとで 写真を見て笑ってしまいました。

末廣を出るとエスパルス通りを歩きます
清水2

神社にもサッカーボールのオブジェがあるのですが 通りにもこうしてサッカーボールが。。
清水港に行くと エスパルスドリームプラザの観覧車が見えます
ここの3階がゴールなので スタンプを押してもらい また一階に行き 昼食。。
081.jpg

ここの天丼は ワンコイン500円です。
お安くてボリュームがあり 私は お腹パンパンになりましたが・・・

食べてる途中で 床が浸水???
人が騒ぎはじめ どうやら館内のスプリンクラーが作動したようで どんどん水が。。
そのうち 消防車も到着 一時は騒然となりました。
清水3

座っていても落ち着かず 大急ぎで 食べて 駅に向かいました。
コース自体は7・6kmですが ドリームプラザから 20分歩いて駅に行くため 
9kmくらいは 歩いたと思いますが 短く感じました。

明後日は ディズニーシーに行きます。
娘より 私の方が ワクワクしています。(支度しなきゃ・・)






スポンサーサイト

JRさわやかウォーキング富士根駅

前回のブログのあとに すぐにでも次のブログをと
書きはじめましたが やっぱりチョイ遅くなりました(^_^;)


2月15日(日) なんと2日連続 さわやかウォーキングに参加でした。
地元開催でもあるため 岩本山のあるコースは 毎回参加したいと
思いながら 野暮用が続き 参加を断念してきたのですが
今回は うれしいことに参加できました。

朝8時に家を出ても 今回は大丈夫
富士宮駅から ほんの10分程度電車に乗るだけです。
8時半前に 電車が到着し 上下線ともに到着が重なったため
大量の人が 小さな駅に流れ込んで 大変でした。
駅から出るのも しばらく待って 落ち着いて出発
近くに住んでいても 全く降り立つことのない駅。

IMG_2220.jpg

こんなウォーキングのイベントでもなければ 
知らない道なんだろうと思われるような道を歩きはじめます。

IMG_2221.jpg

この回を歩くと 富士山ビューを3回歩いたことになり
富士山のストラップをもらえます。
いつも 参加できないことが多いため 今回もきっと
いただけないと諦めていたので 参加できると予定が
たったときには 歩くことより むしろストラップがチラチラ
頭をよぎりニッコリ・・・本当に 欲にかられまくりです。

多くの人たちと歩きはじめましたが すぐに集団から外れ
マイペースで 少し緩やかな坂を上がりつづけます。
最近のコースは 必ず坂道を歩くように設定されているのかな?
そう思っているのは 私だけではなく 他の方からも
そんな話声が聞こえてきました。

まずは 目指すのは 岩本山公園です。
いつも 車で自宅から20分もあれば行けるので 
この時期には どのくらい咲いてるか気になり行くのですが
今年は まだ1度も行けてなかったので 気持ちも逸りました。
茶畑の中を歩いて 岩本山公園に行くなんて 本当に気持ちよくて
何度も何度も 後ろを振り返り 富士山を確認しました。

fiji1.jpg

私達が 行った翌週には 梅まつりがあるので 看板もありました。

矢立て看板は 男坂を行くようにとしるしがされていたので
急な石段を頑張ってあがりました。
朝早かったので 霜柱も・・

fuji4.jpg

この先には 梅が・・咲いてる・・・はず!
と 上がりきると なんと・・・パラパラ・・・
あれれ? 思っていたより 閑散としている。。。
毎年 早く咲く紅梅のあたりには 人が多くいましたが
白梅も ほとんど咲いていない状態でした。
ちょっと・・・さみしい
(きっと 今週末辺りは 満開の事でしょうが・・・) 

fuji2.jpg

紅梅と富士山を写真におさめ 順路を歩きます。

IMG_2229.jpg


途中 犬の散歩中の老人に声をかけられました。
どこまで行くのか 気になったようで 富士駅までと
答えると頑張ってねと言ってくれました。
知らない方とのなにげない会話も ウォーキングならでは。

潤井川沿いに出る前に 水神宮の前を通り
富士緑道に続いていきます。

fuji3.jpg

ここからは 道も平地で 舗装もされ 両脇には 花や木が
たくさん植えてあるので 歩きやすかったです。

息子が通う高校が見えて しばらくすると 駅もすぐそこ。。
と・・・商店街が軽トラ市をやっていて いい匂いが・・
食べ物の匂いにつられ あちこちみたいところですが
お昼までに 家にかえななくては 娘が待っています。
すでに 11時過ぎ・・
主人は 誘惑に強いのか 全く立ち寄る気配がなく
どんどん人をかき分けるように 歩いていきます。
しかたない・・・駅に行かねば。。

そして 富士駅に到着

IMG_2242.jpg

美味しいものには ありつけませんでしたが

IMG_2243.jpg

富士山ストラップ ゲットし 電車に乗り富士宮に戻りました.

JRさわやかウォーキング下曽我駅

今日は 急遽仕事が休みとなり ゆっくりPC前にいられます。
思わぬお休みだったので 日頃のお疲れのご褒美と思って
しばし自分のために 時間を過ごそうと思っています。

先週の土曜日 2月14日(土) 
JRさわやかウォーキング下曽我駅に2人で参加してきました。
その2日前 息子が細菌性胃腸炎で 学校を休むことになり
熱もあったため 今回のイベントも前日の夜まで 諦めていましたが
症状も落ち着き 土曜日は学校である講座に出席するというため
初めての梅林ウォークだ!と 内心 ウキウキしていました。

ところが・・・

朝7時になっても 主人が起きず まさか具合でも悪いのかと
思いながら どんどん時間が過ぎて
さすがに 5時には起きる主人が起きないって おかしい!と
声掛けしたら 単なる寝坊・・
4時に起きたが あまりにも早いか。。と2度寝したら ぐっすり
それからは 大慌てで支度し 出発したのが8時過ぎ
この日は 2月28日に 東京ディズニーシーに行くための
チケットを買いに 沼津に行こうと思っていたため
車で出発し 下曽我駅周辺の駐車場に車を停めるつもりでした。
ところが カーナビをセットしたにもかかわらず
主人が 迷いに迷って 結局駐車場が見つからず 
梅林まつりも開催中の為 車を停めるところもなく
しばらく足止め。。。
やっと車を停め わけがわからず歩きはじめたら そこは梅林で。。

IMG_2207.jpg

IMG_2208.jpg

とにかく駅に向かわないと・・・
主人は 梅林の中にいるし 矢立て看板も見えたので
すでにコースを歩いてるから この方向を歩こうというのですが
私は 駅からスタートにとにかくこだわって 歩く方向が
別々になり あちこち歩き回るはめに・・
お互い不機嫌になり 主人は梅林を楽しめばそれで
帰路につけばいいというような内容の話に 私が納得できずで
すっかり二人の間に 険悪なムードがたちこめてしまい
会話もなくなり 私は黙り込んでしまい 梅の花を楽しもうという
気分さえ半減・・・
駅まで行って コース地図をいただきましたが すっかり
気分はお帰り気分になりましたが そこから主人が
どんどんコース通りに歩きはじめたため 10m後を追うことに・・
そもそも 寝坊したのがこのイベントを中止し時だったかとも
思ったりで 一人で険しい顔で 歩いていましたが
梅林で 再度 花を見たり 梅林越しに見える富士山に
心がホッとしたり・・・

IMG_2213.jpg

IMG_2214.jpg


私が写真を撮っていると 老夫婦が手に手を取り
足元に気を付けるようにと 話しているのが聞こえてきて
私たち夫婦は どうしてちょっとしたことで言い争うのだろう・・と
労わり合う老夫婦の後姿を目にしたときに このような
夫婦になっていけるのかな・・・と自分を通したことを
ちょっと反省したり・・でも納得しない気持ちを抑えられない
自分がちょこちょこ見え隠れしたりして 複雑な気持ちで
主人の後ろを歩いていました。
そんなこんなで 今回もキーワードがあり それを目的に
歩くはずなのに 心ここに非ずになっていましたので
写真も前回ほど たくさん撮らず歩きました。

別所梅林は4分咲き程度で 一部 早生種は咲いていましたが
ほとんどはこれからのようで・・ でも とても賑わっていました。

梅林を抜け 津島神社から曽我別所公民館までの道のりの2kmは
ほぼずっと登りみちで 登りの弱い私にとっては 一番の難所。。

IMG_2215.jpg

ずっと下を見て歩いていましたが もう一回休憩いれないと・・
と 前を見ると 主人が後方にいる私を見失わないように
ゆっくり振り返りながら 歩いているのが見えました。
私は 途中で 休憩を入れると 主人も数十メートル先に
座って休憩し 私が歩くと少し待って 横に来たとき歩きはじめ
やっと連なり歩行開始です。。
でも 2人とも 素直じゃないため 『ごめん』が言えず
なんとなく歩いている状態でした。
その後 会話はなく どんどん歩く主人に また遅れはじめ
しばらくすると 主人がペースを落とすの繰り返しで
東光院についた時に 主人がトイレに行き 
私は 休憩でぼんやり薬師如来を眺めてました。

IMG_2217.jpg

IMG_2216.jpg

手を合わせて また出発・・・

宗我神社まで来たときに 『あ!キーワード!!』忘れていました。
ここで見れた文字 『ん』

IMG_2218.jpg

確か さっき見た文字は 『り』
という事は・・・『ば・い・り・ん』か・・・
答えが半信半疑
ちゃんと キーワード見ておけばよかった~(>_<)
駅に到着したのは 12時15分でした。

IMG_2219.jpg

受付に行くと

『キーワードがあったのですが お分かりになりましたか?』

『ばいりん?』

『正解です!』

よかった~~~正解だっだ~


今回は 7kmの短い距離でしたが とにかくいろいろありで
とっても 長く長く感じました。
その後は 車に戻り 国府津に行き 昼食を食べ
そのころには お互い普通に話していました。
帰りは 箱根をなぜか通ることになり 沼津にいき
ディズニーストアへ・・
無事に チケットを購入し 家に帰りました。

JRさわやかウォーキング 富士川駅

なかなかゆっくりPC前にいられない日々が続いておりますが
これからが見ごろとなる 梅の花が気になって なんとか時間を作ろうと
思っていたところ 今週は野暮用もなく 時間が使えることに・・・
これはチャンス・・
思い立ったら 即行動。。です

JRさわやかウォーキング 富士川駅のイベントに参加してきました。
実は 毎回 さわやかウォーキングの冊子を見ては
この日は 行けるかな・・・と 考えてみるものの 却下されることが多いため
今回も おそらくいけない可能性が大きいと なかばあきらめていたのです。
前日の夜まで どうかな・・と思っていましたが ラッキーなことに行けることに。。
ところが 早起きができなかったため 開始時間に間に合わず ちょっと遅れの
9時前に 富士川駅に到着しました。

コース地図をもらい さっそく歩き出します。
富士川駅は 我が家から車で30分くらいの場所にありますが
ここからスタートのさわやかウォーキングは 今回がお初でした。

富士川10

キャラクターの看板を探して クイズに答えるとバッチをいただけるとの事。。
以前は 出発時 地図と一緒にいただけたバッチも このようなシステムになったのかな。。
と歩いていると 富士川河川敷に降りた途端に 発見

富士川1

6年もこの辺りをよく行き来してるのに 河川敷を初めてウォークです

富士川2

新幹線も何度か通過しましたが カメラが間に合わず。。
結局 高架下から 撮影してみました(^_^;)

しばらく行くと 東名高速の富士川SAに到着・・
ここも おなじみの場所で 一般道から入れるので お買い物によく来ます
トイレをお借りするのみで さっさと歩く主人を追いかけるように通過・・・
残念ながら この日は 富士山の山頂は 雲がかかることが多く
見えたり・・見えなかったりを繰り返し 富士川SAからは コースに対して
後ろに富士山があるため 振り返って確認ばかりしていました。

2015 046

明見神社近くの道は 上り坂が続き 最近チョコチョコ歩きばかりの私には
ものすごくきつい坂道に感じ とにかく1歩1歩 足元を見て前に進めるのみ。。

富士川3

看板を見つけたときには 息が上がり ふらふらです
次のキーワードが 『た』とわかった時点で 答えが分かってしました。

富士川5

明見神社は 馬の守り神として信仰されているそうです。
私は 境内の狛犬の足元に 小さな狛犬が抱き着いているのが
とても可愛いな。。と思って ついパチリ・・

富士川6

境内を出るとすぐに 土砂災害警戒場所の看板があり 見上げると
ホント・・・雨上がりは 気になるような林。。。
その後 すぐに下りとなり 富士山山頂も ちょっと見えました。
しばらく歩くと 遠くからでも見える 1本の梅の木がピンクに染まっています。

富士川4

すぐそばで 梅をみて 春を感じられる幸せ。。。
あ、岩本山公園の梅・・今年は まだ1度も行ってない。。
気になる・・気になる・・・
そう思いながら歩き 旧身延道に入ります

途中に見えた ニワトリさんや富士市のマンホールなど
目に入っても やっぱり気になる 岩本山公園。

富士川7

この辺りからは 地図を見るより 人に流されるように 細い道を歩き
光栄寺に

富士川8

小休本陣常盤邸は 女優 常盤貴子さんのおじいさまのお家だそうで
以前にも 来たことがあるため 通過しました。
ここで、キーワード発見です

富士川9

その後 一里塚と富士川民俗資料館に行き ここで キーワード発見
あとは 駅に向かうのみ。。。
その道沿いには 小まんじゅうを売っている松風堂があるため
買って帰ろうと 思っていたところ 長蛇の列
店員さんが 『並んでも もう買えるかどうかわかりませんよ・・』との事で
あきらめて 駅に向かうことにしました。
いつも通るたびに 買って帰るので また行けばいいのでしょうが 
買えないとなると 何だか残念な気分がして・・・

そして 11時前に駅に到着 約9kmですが ゴールしました。
キーワードの 『ゆ・た・ん・ぽ』で バッチをゲットし ご機嫌になり
帰路につきました。

来週も、御殿場線 下曽我駅でのウォーク・・
参加したいな~~と ひそかに思っているところです。


今年初めての浅間神社

この3連休 ちょっとしたところに出かけることもできましたが
10日(土)は あいにく仕事で 私は2連休でしたので チョイと休みがしたくて
遠出をあきらめ 近場をウォークすることにしました。

去年秋より 歩く回数が減り 10月からはほとんど歩くことがなかったので
ものの見事に 体重は増加 
楽々と穿く事の出来たパンツは ウエストまわりが キツキツ
これでは いけない・・このままでは ダメだ・・
分かっているのだけれど 体が言うことを聞かず 放置していた結果
リバウンド状態に突入です
もう、これは 本格始動するしかない
年末年始 実家に帰っていた時に 少し歩く時間をもらい
静岡に戻ってからは 仕事から帰って すぐに45分間歩くことにしています
正直 これも いつまで続くか 自信がないのですが
このままだと 会社の制服のパンツのサイズ変更を
申請せずにいられない状況になっていることを 肝に銘じて 
とにかく 体を動かそう・・まず1歩・・
そう 心に呟き 頑張って歩いています

昨日は 一人で午前中に 自宅から浅間大社まで 
歩いて 初詣に行ってきました。
浅間1

自宅から 浅間大社までの距離は 約3kmです
往復でも 6km・・無理のない程度です
リュックを背負い 帽子に手袋で 出発しました。
冷たい風が 頬をなでますが 行きは 下りなので 急がず歩きます
浅間大社は この3連休は 観光客も多かったようで
私がお参りした11日(日)の10時半は 列をなして 賽銭をするような状態で
ゆっくりゆっくり前に進み お賽銭をし手をあわせ 列を離れました
久々に 浅間大社にお参りしたので しばらく近くを散策しました。
御朱印をいただき 年に一度のふりだし御籤をひいてみました
014.jpg

今年は 小吉でした(^_^;)

そして 湧玉池に・・
浅間2

1週間に5日は 浅間大社の駐車場に息子の塾の迎えでいきますが
なにぶん 夜10時半なので 真っ暗で よくわかりませんでしたが
いろいろ観光客の方にわかるように 看板が設置されていました。
相変わらずの 湧水のきれいさに しばし時間を忘れ ぼんやり見てました。

お昼までには 帰るからと 下の娘に伝えていたので また来た道を戻ることに。
今度は ゆっくりとした登り道ですので 帰りは 結構きつかったです
でも、気分も爽快 体も壮快で とってもいいウォークとなりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。