スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かな日々

ブログをお休みして 半年間 とても静かな日々でした。

前回のブログでも書きましたように 4月に主人の父が膵臓がんと診断され

北海道から遠く離れた静岡に住む 私たちには お見舞いも看病も

頻繁にできず いろいろな状況を考えたうえで ブログをお休みすることにしました。

抗がん剤の治療をしなければ 余命3ヶ月 抗がん剤治療を受けても余命7ヶ月

こう告げられた父は 抗がん剤の治療を受けると決心し つらい治療を続けました。

お休みしてる間に 私の気持ちや状況を察し あたたかな励ましのメールや

コメントをいただきましたこと 本当に感謝申し上げます。

この場をお借りし お一人おひとりに 返信しなければならなかったのに

出来なかったことをお詫び申し上げます。


父は、80歳代にも関わらず 何事にも意欲的で 最後まであきらめることなく

抗がん剤治療や投薬治療を受けていましたが 10月14日朝 静かに旅立ちました。

9月の3連休に お見舞いに行ったときには 元気で 私たちを笑わせてくれたり

受験生の息子に 『俺もがんばるから お前もがんばるんだぞ!』

そんな会話もかわし 楽しいひと時を過ごしましたが その後 ガンが進行しはじめ

13日 夕刻に急変、 私たちは 連休で 飛行機の 空席があるか心配でしたが 

14日早朝1番の羽田発の飛行機に乗ることができ

私たちの到着を待っていたように 静かに逝きました。

母や母を支えて一生懸命 動いてくれた妹家族には 感謝の気持ちでいっぱいでした。

その後 通夜 告別式を終え 20日 子供たちの学校があるため

一足先に 静岡に戻ってきましたが なぜか父を前よりも身近に感じることばかり

ブログの再開するに当たり 49日までは・・とか 100日までは・・とか

考えてきましたが 何より 元気に子供たち、孫たちが笑顔で生活できているかと

常々心配していたと聞いたので 1日も早く 普通の生活に戻ろうと思います。

大事な人を失うことの 悲しみ苦しさから 私たちも立ち直らなくてはなりません。

いつまでも メソメソしていたら その方が 父が悲しむだろうし・・・。

そこで 今日から また マイペースながら 日々あったことを 書いていこうと思います。

今まで同様 皆様には 訪れていただけるよう 

楽しく 明るく 季節の写真を織り交ぜながら やっていこうと思いますので

今後とも よろしく お願いします。

112.jpg

 
スポンサーサイト

コメント

お父様のご冥福をお祈りいたします。
色々とお辛いことと思います。

お父様も最後まで悔いなく過ごされた様子が
伝わってきます。
最後の時にも間に合い、みるくぱんさんご家族の
気持ちも届いたことと思います。

お父様もいつも見守ってくださっていると思いますので、
みるくぱんさんらしく、過ごしてくださいね。

2013/10/26 (Sat) 18:55 | とほ娘 #- | URL | 編集

お父様のご冥福
心からお祈り申し上げます。
私は母が中学のとき父は70歳で亡くなりました。
今の時代では早すぎる人生だと思います。
ひと様々一度は辛い別れに遭遇しますが、
遠路で「みるくぱん」さんの歯がゆい気持ちもお察しいたします。
これからはお父様の分まで今以上に明るく楽しいご家庭を・・・
それと以前にも増して元気なブログコメントの再開を待ち望んでいます。

2013/10/28 (Mon) 13:22 | あすか #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/10/28 (Mon) 21:10 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/10/29 (Tue) 15:25 | # | | 編集

お父様のご冥福をお祈り申し上げます。

最後まで前向きに生きられたお義父様
家族の自慢ですね。

ご自身が辛いのに、みなさんを励ましながら
逝かれた姿は素晴らしいです。

昨年の10月義母がなくなりました。
なくなってからの方が義母が身近になったような気がします。
お義父様はみなさんのそばで見守っていて下さっていますよ。

2013/10/30 (Wed) 21:12 | ジャランこ #- | URL | 編集
みなさま・・本当にありがとうございます

とほ娘さんへ

コメントありがとうございます。

亡くなってもうすぐ3週間になりますが まだ父がいつものように
生活しているような気がします。
最後の時にも手を握っていたのに そのあたたかさが忘れられず
どうしても 亡くなった実感がしません。
今後 時間が経つごとに いないと感じることが増えるのだろうと
思いますが いつまでも悲しい思いを募らせていると
父が 困ってしまう気がしてならないのです。
父が安らかになるには 私たちが 幸せで明るく毎日を努める・・
これに尽きると信じて 頑張ろうと思います。
皆様のお言葉が どんなにあたたかく 心に沁みたかわかりません。
本当に ありがとうございました。


あすかさんへ

コメントありがとうございます。

私が 小学校の4年生の時 祖父2人を相次いで亡くし
はっきりした記憶で その後 35年 近親者を亡くしていなかったので
今回の父を見送るに際し 本当に気落ちしました。
私より 実父を見送らなくてはならない主人は 本当に辛かったと思います。
半年間 そばにいてあげたくても 生活を守り仕事をし続けなくてはならず
頻繁に通える距離でもなく 苛立ちと焦りと溢れ出す思いで
何度となく つぶされそうな主人をそばで見ていました。
亡くなってもうすぐ3週間ですが 時折 父の笑い声を娘が聞くようです。
色々な不思議なことがあり 普通なら ちょっと怖くなるでしょうが
まったくそんなことがなく 家族で顔を見合わせては
『じいちゃん、そばに来てるんだね』そう笑顔になります。
笑顔が絶えない家族を作っていくことこそ 父の願いと思い
これからも しっかり笑顔で明るく頑張るつもりです。


あまなつさんへ

コメントありがとうございます。

あたたかい励ましの言葉 感謝しています。
悲しいことを忘れようと思えば思うほど 涙が出てきます。
でも、子供の笑顔を見ると これではダメだ!と思ったり
美味しいものを食べて 美味しい!!と思う瞬間 
私は 生かされている・・そう思うことが前より一層増えました。
あまなつさんと同じように しっかり歩いて美味しい空気をたくさん吸って
気分を切り替えて 前向きに生きていこうと思います。


くりさんへ

コメントありがとうございます。

励ましの言葉を読むと 心に沁みて また涙が出ます。
でも、おっしゃるとおり 楽しいことにしっかり目を向けて
笑顔を絶やさぬよう 毎日 心がけています。
我が家には 手を合わせるための 簡易的な写真たてと仏具を置き
毎朝 みんなで手を合わせ 語りかけます。
その時に 父が しっかり生きよというように見えて 
今日もがんばろう!!と 気合が入ります。
大事な人との別れは 辛く苦しいですが 残された私たちが
しっかり生き抜かねば 亡くなった父が心配で落ち着かないと思い
毎日 笑顔を絶やさぬように心がけています。
くりさんのメッセージ本当にうれしかったです。


ジャランこさんへ

コメントありがとうございます。

本当に強くて優しい父でした。
大きな大きな愛情を持った人で 血のつながりのない私の息子を
本当の孫以上に可愛がってくれ 最後まで気にかけていたとの事。
今でも そばにいる気がしています。
ジャランこさんのおっしゃるように 以前より増して 身近に感じ
我が家では 不思議なこともたくさん起こっています。
きっと 見守ってくれているのだと思います。
それなのに 悲しい顔ばかりしていたら 父も悲しくなると思います。
ですから 笑顔がたくさん溢れるように これからも頑張るつもりです。

2013/11/01 (Fri) 22:43 | みるくぱん #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/11/02 (Sat) 11:47 | # | | 編集
NoTitle

お父様のご冥福をお祈り申し上げます。
私の方も今年8月義父を亡くしました。
92歳でした。前日まで元気でしたけど転倒して頭を打ち次の日旅立ちました。もう歳が歳でしたのである程度は覚悟していましたがやはり身内の死というのは辛いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10/19~20まで河口湖ツーデーマーチに参加しました。
初日は初冠雪の富士山を見ることができましたが次の日は
雨でビショビショに濡れてしまいました。
3日目はレンタカーを借り五合目まで行ってきました。
富士山は本当に最高です!
山陽道も今月尾道から井原まで歩く予定です。

2013/11/02 (Sat) 17:57 | よっくん #- | URL | 編集
なきうさこさんへ

コメントありがとうございます

いつ どこにいても 何をしていても 父を思い出します。
花を見ても 景色をみても そして写真が趣味だったので 
カメラをかまえると 父を感じます。
父が 最後まであきらめず 前向きに生きたように
私たち家族も 前向きに生きなければいけないと 思っています。

2013/11/03 (Sun) 14:48 | みるくぱん #- | URL | 編集
よっくんさんへ

よっくんさんも お義父さんを亡くされたのですね

お義父様のご冥福をお祈り申し上げます。

よっくんさんが 河口湖に来られるということが分かったので
直前に ご連絡し 富士宮をご案内しようと思っていましたが
その矢先の急変で 結局 お会いできませんでした。
いつかお会いできるといいな~と 思っています。
尾道~井原・・頑張ってください!
ブログ 楽しみにしております

2013/11/03 (Sun) 14:52 | みるくぱん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。