スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内海国立公園 鳴滝山

昨年末の私の歩き納めは 尾道のお寺歩きとなる予定でした。
 
ところが 主人と途中の駐車場に車を止めて 

古寺巡りのコースを歩き始めて 30分後に 実家の用事が
 
変更になったとのことで 急に中止し そちらに行きました。
 
主人は 何度か 尾道の街は ぶらついた事がありますが
 
本格的な古寺巡りは 初めてだったので 楽しみにしており
 
途中で帰ることになった時は 少々 残念そうでした。
 
 
私は 28歳まで この街で暮らし 高校生の時は
 
千光寺のお土産売り場で アルバイトの経験があり
 
夏休みや春休み、土日祝日は ロープウェイのガイドを
 
覚えるほど聞きながら 通ったので 四十五ヶ寺もの
 
お寺があることも知っていました。
 
しかし、若い時には 興味もなく ただ、お寺の多い
 
田舎町という感覚しかなかったので 古寺巡りなどしたことも
 
まったく考えられなかったのです。
 
 
帰省中とはいえ スケジュールは ほぼ毎日いっぱいです。
 
幼なじみと会う約束があったり こちらから出かけたり。。
 
午前中は お餅をついたり 午後から買いものに出かけたりで
 
なかなか 私たちの時間というものがとれません。
 
それでも 実家の両親にいわれた用事が ことのほか早く終わり
 
夕方までに 実家に戻ることが出来たので これからでも!
 
そう思って 父親に 裏山に行く道を 詳しく教わりました。
 
 
私の実家は 尾道といっても 東隣の三原市に近く
 
瀬戸内海を前にした402mの鳴滝山という山があります。
 
小学生だったか 中学生だったか定かではないのですが
 
記念植樹に登った事もあります。
 
でも 30年くらい前の話で 登山口もイマイチで
 
方向音痴の父に詳しくきいた道も怪しいほどでしたが
 
日が暮れる前までには ちょっと行ってみようという事に。。
 
下山が出来なくなったら 大変なので 車で途中まで行きました。
 
 
ついてみると 驚いたのは それまでの道とは違い
 
意外と整備された駐車場があったり 休憩所があったり。。
 
こんなところだったかな??
 
記憶は まったくと言っていいほど 出てきません。
 
数年前に 山火事が発生し 今はところどころ 岩がむき出しで
 
人気もなく 寂しい所と思っていたら そうでもありませんでした。

2鳴滝

 
 
実は、瀬戸内海国立公園 鳴滝山(なるたきやま)と。。。
 
へ~~~? ここって 国立公園だったんだ!!
 
そして、景色の綺麗さに もっとビックリです。

1鳴滝

 
裏にある いつものはげやまとしか思ってなかったので
 
以外に 瀬戸内海が一望できる事を知って 今までここに
 
来なかった事を 本当に後悔しました。
 
しまなみ海道が 向島から 因島(いんのしま)にかかってるのも 
 
ここからは はっきり見えるのです。
 
向島(むかいしま)から 岩子島(いわしじま)にかかる赤い橋も
 
遠くの小さな島々まで 一望出来るなんて・・・。
 
もっともっと かすんでいなかったら 四国まで望めるそうです。

3鳴滝

山茶花も 咲いていました。。
4鳴滝

 
山頂を ぐるりと回って歩いても ほんの30分の山ですが
 
有名な画家も ここで絵を描いたとの事でした。
 
一年の終わりのウォークは たった30分のお散歩でしたが
 
瀬戸内海で生まれた私の目を覚まさせるような 
 
そんなウォークとなり 一年を締めくくれました。
 
 
スポンサーサイト

コメント

ふるさと

私の憧れの場所が故郷とは羨ましいです。
私は実家も東京で行くところなし  (笑)

尾道の歴史探索や瀬戸内の景色・・・羨ましい!

2012/01/09 (Mon) 19:48 | あすか #- | URL | 編集
よい眺めですね。

一年の歩きおさめ、短いながらも、気持ちは満足だったようで何よりでした。
今まで気づかなかったけれど、実はとても素晴らしいということ、私も結構あります。
そして、、とても、もったいないことをしたと・・・思っています。

向島、お友達が向島出身なので、とても興味深く拝見しました。
しまなみ海道もいつかは行ってみたいところです。

2012/01/09 (Mon) 21:24 | とほ娘 #- | URL | 編集
あすかさんへ

私にとっては 東京がとても 羨ましいのですよ。。
下町の風情も 新しくなっていく街も混在し
何とも 興味があります。
 
故郷がもっと近ければ いいのが 難点かな~(^^ゞ

2012/01/10 (Tue) 08:19 | みるくぱん #- | URL | 編集
とほ娘さんへ

地元のことを知らないことが多く 自分でもビックリです。
いろいろ学んだことも 意外と覚えてないもので。。
なんだか 笑えるやら 情けないやらでした。
向島に お友達がいらっしゃるのですね。。
私も たくさんいますよ。。
渡船にのって 学校に通っていた友人が多かったので!
免許を取ってからは もっぱら大橋を渡るので
渡船に のりたくなる時もあります。
 
この歳になると 思いも視点も違うため いろんな発見が
楽しく感じますね。。
 

2012/01/10 (Tue) 08:20 | みるくぱん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。