スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂が織りなす風景

実家から戻り ずっと続いている 尾道特集・・。
(なぜか 特集になっていますね・・・笑)
 
なかなか 七佛めぐりの最後に至るまでには まだかかりそうです。
 
この調子だと バレンタインデーを超えてしまいそうなので
 
時間を見つけては ブログ作成をしたいと思っていますが・・・。
 
 
ここまで、七佛めぐりは 持光寺、天寧寺、千光寺と紹介しました。
 
紹介したお寺以外にも 無数のお寺があり 見きれないくらい。。
 
尾道に行かれた方は 御承知とは思いますが 尾道は
 
南に瀬戸内海の島々が点在し すぐ後ろには 山があるという地形。
 
その為 坂道が多いのがとても特徴的です。
1.22文学のこみち
 
今でも お寺の多くのある場所は 車が通ることが出来ない

こみちがあちこちに張り巡らされているような所です。
 
自転車で通れば 歩いてる人にぶつかりそうになる路地や
 
とにかくひたすら上り坂の道、そして曲がりくねった道も多くあります。
 
現代の便利な社会になれてしまうと 不便に感じるかもしれませんが
 
住んでいる方 それを支える人々が多くいることもわかります。
 
生活していて 困るのが ゴミです。。
 
このゴミ一つをとっても この地域に住む方々は 大変です。
 
今もそうだとは 思うのですが ごみの収集車がもちろん入ることが
 
出来ないのですから ここは 人力となります。
 
天秤棒を担いだ方が ごみを天秤籠に入れ 坂の下まで運びます。
 
たくさん運べないため 何度も上り下りを繰り返す。。。
 
私が 尾道に住んでいた時は そうでしたが 今もそうだと思います。
 
それから 郵便物も宅配も 車でそばまで・・とは行きません。
 
以前 かの有名宅配便(ネコのマーク)のCMでも ここの景色が
 
使われましたが、どんな気象条件でも 人力なくしては 成り立ちません。
 
火事がおこれば ひとたまわりもなく 大惨事になること間違いなし。
 
なので きっと 住んでる人々の苦労は 大変だと思います。
 
それでも ここ尾道にほれ込み 移住をされる方も多いと聞きます。
 
古民家プロジェクトといって 空家になった所を再生し 

住んでもらおうというのがあるらしいです。
 
個展をひらいたり、カフェや雑貨の店であったり さまざまに
 
活用されているようで、その中には 可愛らしいネコもいるのです。
ねこ5

ねこ6
アダムとイブという名前だそうです!
ねこ7
この猫は 数年前 女優 北川景子さんんが ソニーのカメラのイメージモデルなったとき
CMにも 一緒にでたようで 近くに写真が飾られてました。
ねこ4
小石で出来た猫たちは 尾道市内のいたるところに いるそうです。
 
坂道でいろいろ見かける猫たち・・・
 
 
しっかり歩くと ちょっと休憩したくなり カフェを探しました。
 
『昇福亭』に入ろうかと思いましたが・・・
ねこ8

何やら 大福が売り切れと。。。
 
わらびもち 冷えてますという文字に 余計寒さを感じ
 
ここを諦め 付近を散策し 見つけたのが 『梟の館』
ねこ3
 
のれんをくぐると立て看板があり そこには
 
『しつけの出来てない方はお断りしています』と・・。
 
31日に 少しこの辺りを散策し 実家から電話で呼び出されたので
 
帰ったのですが その時にも 一度立ち寄り玄関まで行きましたが 
 
カメラを持った私たち夫婦は 店に入れてもらえませんでした。
 
店内も一切 カメラ撮影禁止との事のようで あとで
 
立て看板に気付き しまった!!と思いましたが
 
その後、すぐに 実家から呼びもどしの電話があったので
 
ゆっくりコーヒーを飲んでもいられなかったと 諦めました。
 
これは かなり気難しそうな店主の方がいらっしゃる?と思い
 
カメラを片づけようと思いましたが 私は首から下げたままで
 
前に立つ主人は きちんとカメラを片づけ 玄関に行くと
 
幸いにも お客様が誰もいなくて 店主の男性が笑顔で迎えて下さり
 
ちょっと ホッとしました。。
 
コーヒーは 注文があってから 挽いてくださるため時間がかかります。
 
しかし ここからの景色もまたいいのです。。
 
マナー厳守のため 撮影はしませんでしたが アンティークな
 
ガラス窓は きっと昔からのもので 一枚一枚手製のガラスでしょう。
 
微妙にやさしい窓ガラスに光が反射します。
 
梟の館という名のごとく 店内には 梟のものばかり・・。
 
2階は 月見のための部屋らしく 一般には開放されてなく
 
月に数度ある月見の日の夜に 開放されるとの事でした。
 
私は おからのチーズケーキセットを頼んだのですが
 
セットのコーヒーは カップも少し大きく違いました。
 
もちろん 梟の模様の入ったコーヒーカップやスプーンなど
 
何に関しても 店主のこだわりが見え隠れする感じでした。
 
おからのチーズケーキもそうですが コーヒーの美味しいこと!!
 
さすが こだわりの一杯だと思いました。
 
後に インターネットで検索しましたが 隠し撮りでここの
 
コーヒーやケーキを載せている方も多くいましたが
 
私たちは それはせず あくまでも気持ちよく時間を楽しみました。
 
少し 店主の方とも会話しましたが 物腰の優しそうな御主人で
 
しつけの出来てる方だな~という印象でした。
 
帰りには 玄関まで送っていただき お年玉をいただきました。
 
小さな袋に入った小銭・・(ご縁がありますようにと5円玉かな?)
 
『気持ちなのですが、中に当たりがありまして もし当たっていましたら
 
来年またお持ちください・・来年まで 開けないでくださいね』と。
 
なんだか コーヒーだけではなく 心が温まるそんな空間でした。
ねこ9

雰囲気だけでもわかればと 外から撮ってみました。

真上を ロープウエイが 通過するのですよ。。
 
 
この店を出てからは 下り坂・・・

下りは 膝が笑いますが ゆっくり歩みを進めました。
 
お寺以外にも こんな 尾道もあるのです。
 

 

スポンサーサイト
テーマ: ある日の風景や景色 | ジャンル: 写真

コメント

そういえば尾道にお城がありましたね

おはようございます。
そういえば、尾道には山の上にお城がありましたね。
ただ案内が何もなく行くことが出来ませんでした。

2012/01/30 (Mon) 08:40 | yokkun #- | URL | 編集

『梟の館』、レポートを拝見して、コーヒーをいただきに入ってみたくなりなした。
一見気難しそうな雰囲気を想像していたところ、美味しいコーヒーに美しい風景。
そして心の芯まで温まるお年玉、嬉しい文字がまた寄りたくなってしまいますね。

2012/01/30 (Mon) 09:38 | country walker #- | URL | 編集

尾道の紹介 じっくり読ませて頂いてます。
坂道とちょい古い建造物がくみ合わさってよい風景です
甘みどころも古びた館屋が素敵ですね
カメラ持ち込み禁止 あるかも知れないですね
注意します

2012/01/30 (Mon) 20:16 | あまなつ #zlH5Excs | URL | 編集
yokkunさんへ

尾道城・・・(^^ゞ
あれは お城の形をしたもので 千光寺公園西展望台となって
いまして 私が生まれる数年前に 出来たそうです。
幼い時には 千光寺公園に遠足に行ったため 天守に上がり
景色を眺めましたが 今は 使われてなく 市の方では
今後の処分を検討されているそうです。
 

2012/01/30 (Mon) 21:21 | みるくぱん #- | URL | 編集
country walkerさんへ

コーヒーが好きで あちこちのカフェに入りますが
今まで あちこち 入った中で ここのコーヒーが
香り、味、ともに №1と思います。
後味がすっきりしていて あとを引きます。
入るまで ちょっと 景観に便乗した カフェなのではと
思っていましたが 一口飲むと御主人のこだわりがわかりました。
坂道は きついけど ここに行くなら頑張って通えそうです。
 

2012/01/30 (Mon) 21:23 | みるくぱん #- | URL | 編集
あまなつさんへ

建物の中の撮影などは 禁止のマークがついていたりするので
気を付けるのですが カフェでの撮影は禁止は 初めて・・。
でも、この中に入ると 流れる時間が変わります。
イライラ症の私には特にゆっくりした時間が流れてるようで
本当に 心地よかったですよ。。
尾道のチョイ古景色に ピッタリのカフェで 
お気に入りに なりました。
 

2012/01/30 (Mon) 21:29 | みるくぱん #- | URL | 編集
ゆったりと・・・

本当にゆったりと、、時間が流れていますね。
私も、ゆったりとした気分で、楽しませていただきました。

「梟の館」、機会があれば訪れてみたいです。

2012/01/30 (Mon) 22:53 | とほ娘 #- | URL | 編集
遅れました

自作のPCの調子が悪くなり遅れました。

坂の町尾道 魅力たっぷり 毎回楽しく拝見してます。

私の登録している 「バーチャル日本一周歩こうかい」で
ただ今浜松手前まで来ています。
早く尾道にたどり着きたいですね。(笑)

2012/01/31 (Tue) 07:54 | あすか #- | URL | 編集
とほ娘さんへ

時間が 止まっているようで いつまでもコーヒーが
温かく感じられました。
テーブルには 使いたされたキャンドルがテーブルにまで
溶け落ちていて そのまま使いたしてるので
アンティークさを増していて 素敵そのもの!!
あっちも、こっちもと室内をキョロキョロしました。
機会がありましたら 是非 行かれてみて下さい。

2012/02/02 (Thu) 21:41 | みるくぱん #- | URL | 編集
あすかさんへ

PCの調子 その後快適ですか?
もう、浜松を過ぎ 愛知に入ったかもですね!
バーチャルウォークで 尾道のあたりに来ましたら
是非 教えて下さいね!!

2012/02/02 (Thu) 21:42 | みるくぱん #- | URL | 編集

尾道、旅行者には素敵な街ですが、生活する方は
大変でしょうね。
ウォーキングでちょっと小高いところへいくことがあると
うらやましいとは思うけど、年をとったら家からでなくなっちゃいそうだと思ってしまいます。

最近はどこへでもカメラを持ち歩いてしまうので、
こんなお店へ行くときは注意が必要ですね。
梟の館、検索したら閉店は日没となっていました。
時間で決めないところも自然と共にあるということなのでしょうか。

2012/02/03 (Fri) 23:27 | akiko21 #- | URL | 編集
akiko21さんへ

私は この寺の多い地区には 住んではいませんでしたので
実際のところ 坂道のある生活は していないのですが
友人は この地区に住んでいるので 遊びに行くたびに
息を切らせ歩いた記憶があります。
同じ尾道に住んでいても この地区は 大変だと思います。
 
私も カメラを持ち歩いて そのまま店内に入っていくことが
多いために うっかりしていました。
そうなのです・・閉店は 日没なんです。。
なので その日によって 違うのです。
でも、月見の日は 夜に開放されてるそうです。
一度 月夜に2階から 尾道の風景を見たいものですが・・・。

2012/02/04 (Sat) 21:19 | みるくぱん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。