スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾道七佛めぐり(西國寺)

明日は、JRさわやかウォーキング富士川駅発に行く予定でしたが
 
娘のインフルエンザが 完治しておらず 他の方にもうつしては
 
申しわけないので 行くのを中止としました。
 
今週は おとなしくしておくつもりです。
 
 
尾道七佛めぐりも 後半になりました。
 
大山寺を後にし 歩いて十数分 西國寺に着きます。
 
真言宗醍醐派大本山で 中国観音特別霊場札所でもあり
 
中国四十九薬師霊場十六番札所でもある大きなお寺です。
 
ここ 西國寺の目印は 仁王門の大草履です。
西国寺1

古来より健脚の寺として 老若男女の参拝がたえず 願立ての証の
 
大小の草履が所狭しと奉納されています。
 
パンフレットには 健康維持のウォーキングの前にまずは 
 
仁王門の大草履に健脚を願い、門をくぐると効果抜群!
 
108段の大石段も難なく登れる・・・と書いてありましたが
 
しまった・・・ここで もう4ヶ寺め・・・
 
一番最初に ここをお参りするのがよかったのか~と思いながら
 
重い足を一段一段 上がっていきました。

西国寺6

御本尊は 薬師如来(七佛薬師・おやくしさん)です。
 
愛宕山一帯に開創された摩尼山総持院 西國寺は 行基菩薩の創建ともされ
 
その後、三百余年を経た 治暦2年(1066年)炎上、
 
本堂、五重塔、本尊薬師如来も焼失した。
 
その後、永保2年(1082年)慶钁上人により中興。
 
本尊には、讃岐(香川県)善通寺の七佛薬師の一体を金堂に安置、
 
これが現在の本尊、薬師如来である。
 
白河院の庇護を受け、天仁元年に勅願寺となり院政全盛期には
 
官寺として栄えたとあります。
 
また、金堂右奥の地蔵尊(子授け地蔵さん)は 子宝祈願でも有名で
 
某有名女優さんが 祈願に来たところを 週刊誌に書かれました。
 
去年 無事出産され女優として復帰、現在のドラマの主役で頑張っておられます。
 
また、2008年のNHK『ゆく歳くる歳』で 紹介され
 
子を願う多くの夫婦のお参りがあるお寺でもあります。
 
 
何十年かぶりに訪れたお寺でしたか こんなに大きかったかと
 
また大人になってみるお寺の見方が変わったようでした。
 
西国寺2

西国寺3

西国寺4

西国寺5


春、この寺には多くの桜が咲き とても綺麗だそうです。 

持佛堂前の枝垂れ桜も有名ですが 境内には多くの紫陽花が
 
咲くことでも有名です。
 
時期は お正月・・・残念ながら その景色は見れませんでしたが
 
いつか 花咲く時期に この脚が 元気で動いている間に
 
歩いてみたいものだと つくづく感じました。
 
西国寺7
 
この石段を おりるときは 脚が 笑っていました。
 
 
そして、この次は 私の思い出の寺 浄土寺となります。

スポンサーサイト

コメント

尾道七佛めぐり

毎回楽しく拝見しています。

私もボチボチと歩き始めましたが 下り坂や階段はまだ膝が抜けて怖いです。(カックン!)

2012/02/12 (Sun) 09:55 | あすか #- | URL | 編集
ご利益

大きな草鞋、ご利益がありそうですね。
石段、下り、降りるのにドキドキしそうですね。

娘さんのインフルエンザ、ゆっくり週末を過ごされて体調も万全になったでしょうか。

2012/02/12 (Sun) 21:00 | とほ娘 #- | URL | 編集
あすかさんへ

のぼりより 下りが 怖い階段。。
私も 気を付けていますが 昨日 急いで 坂道をのぼり
案の定 左足首に 痛みが残っています。
毎日 少しずつでも歩くと 筋力がつくのでしょうが
おサボり病で 困ったものです(>_<)
 

2012/02/12 (Sun) 21:13 | みるくぱん #- | URL | 編集
とほ娘さんへ

大きな草履に 『健康で歩けますように・・』と
皆様のぶんも お願いしておきました。
一年間 しっかり歩けるように・・・(しっかりは 自分ですね!)
 
娘のインフルエンザ 一昨日熱が下がり 明日 医師の許可証が
出たら 登校です。
なので、遅れて出社しようと思いましたが ここのところ
ずっと 忙しかったので 私のための休養で
もう一日 休みます(^^ゞ

2012/02/12 (Sun) 21:16 | みるくぱん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。