スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾道七佛めぐり(海龍寺)

ついに 七佛めぐり最後となりました。
 
とぎれとぎれに書き綴ってまいりましたが 
 
2ヶ月半もかかってしまい 読んで下さった方に感謝です。
  
 
 
では、最後の海龍寺に・・・。
 
浄土寺を出ると 何分も歩かないところに 海龍寺があります。
259.jpg

261.jpg
 
技芸上達祈願の寺 海龍寺は 真言宗 泉涌寺派のお寺です。
 
寺縁起には・・・
  
転法輪山 海龍寺は、隣接の浄土寺の塔頭として 

位置づけられるまで かなりの曲折があった。
  
寺の略史によれば、文治2年(1186年)太田庄が高野山領となると
 
浄土寺の僧坊の再建が始まった。
 
寛元3年(1245年)、和泉渕信もよって 曼荼羅寺が建立され
 
本尊として千手観音菩薩をお祀りした。
 
永仁6年(1298年)奈良西大寺の真言律宗の僧 定証上人が安居され
 
多くの受戒会を催された。
 
徳治2年(1307年)に 大本山浄土寺の塔頭になり 
 
江戸時代の寛文2年(1662年)にいたり、曼荼羅寺が現在の『海龍寺』となった。
 
その後、奈良西大寺末から京都泉涌寺末となり 浄土寺の末寺として
 
常に大本山浄土寺とともに歩む・・・。とあります。
 
 
境内には 文化7年(1810年)の小屋主・植村文楽軒之墓と
 
文政3年(1820年)の初代 竹本弥太夫の墓がある。
 
海龍寺略縁起によると 『江戸末期、尾道の浜問屋の旦那衆が 
 
大坂から文楽師匠を招いて余暇を楽しんでいて師匠の死後
 
追善供養のために建てたものである』と記されている。
 
人形浄瑠璃に因み、お経塚をなでながら念じることで
 
参拝者の持ち前の才能が開花すると言われているそうです。
266.jpg
 
県の重要文化財の千手観音菩薩と外の鐘が色紐でつながっており
 
願いを聞き遂げてくれるというので しっかり鳴らして手をあわせました。
274.jpg
 
また、ここは ダルマ御籤があるところで あちこちにだるまさんが
 
飾ってあるのも印象的でした。
 
御朱印をいただき 満願成就の印をいただき 掛け軸のプレゼントも。
 
干支色紙もいただき ここから バスで駅までと思っていましたが
 
まだまだ歩けそうな気がして 主人と二人 今度は
 
尾道の古き良き 商店街をあるいて 駅まで向かいました。

276.jpg

281.jpg
  
ほとんどの店は 正月休みで閉まっていて 歩いていても静かでしたが、
 
いつものお土産や『ええじゃん』と大和湯は あいていました。
 
お昼ごはんをどこかで食べるつもりでしたが どこも満席か
 
長蛇の列をかなり待たないと 食べられなさそうなので
 
とりあえず駅まで歩き そこから実家方面に行くバスにのり帰りました。
 
9時に持光寺を出発し 実家についたのは 2時半でしたので

4時間は びっしり歩いたことになります。
 
脚と腰に疲労が残り 4日に富士宮に戻っても しばらくは痛かったです。
 
でも、心は 本当に豊かになった気がしています。

282.jpg
 
1年の初めに こうして七佛めぐりをして祈願出来るのも
 
健康で歩けるからこそ・・有難いことなんだとつくづく感じています。
 
 
これで 尾道七佛めぐりは 終わりとなります。(やっと・・・)
 
来年のことを言えば 鬼が笑うかもしれませんが
 
毎年 こうして この脚で わが故郷のお寺を歩きたいと願っています。
 
今回は とにかく地図を見て 進むことを重視しましたが
 
次回からは その寺の隅々 また見落とした所もあるようなので
 
ゆっくり じっくり・・・まったりと参らせていただきたいです。
 
 
最後まで 読んで下さった方、コメントをいただいた方、
 
尾道を好きな方、足を運んでくださる方、本当にありがとうございます。
 
そして、今後とも マイペースみるくぱんを
 
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございました

毎回楽しく尾道へ参加させていただきました。
7仏めぐり満願おめでとうございます。
そしてお疲れ様でした。

大和湯・・・レトロな雰囲気で良いですね。
こう云うところ私は大好きです。

2012/02/19 (Sun) 07:38 | あすか #- | URL | 編集
おめでとうございます

七佛巡り、満願、おめでとうございます。
ご自分の足で歩いて回られ、感慨もひとしおだったことでしょう。

色紙もとってもありがたいですね。
お部屋にあるだけで、ご利益がありそうです。

来年も七佛巡り、楽しんでくださいませ。

2012/02/19 (Sun) 08:42 | とほ娘 #- | URL | 編集
No title

4時間の歩き 結構足腰に負担がかかったようですね
頻度を上げると中毒になりますけどね
七佛めぐり完了後に、冊子が手元に残るのはいいですね
風景としては、お風呂屋さんの建屋がとても好きですよ

2012/02/19 (Sun) 09:14 | あまなつ #zlH5Excs | URL | 編集
No title

七佛めぐり、私も一緒にお参りしたような気持ちです。ご朱印を頂き、お寺巡り達成後の爽やかさと達成感は格別なものがありますね。
自分もお寺巡りが大好きで、地元の三十三観音めぐりは合計5回、薬師めぐりは現在2順目を廻っております。
原則として、公共の交通機関を利用し、お寺からお寺へは全て歩くことをモットーにテクテクと楽しんでおります。
ご朱印帳も沢山になりましたが、今では自分の宝物となりました。
遠州地方の寺院ですがHPも作成しました。自身のHP、「東海道五十三次東下り旅日記」にリンクしています。

2012/02/19 (Sun) 15:45 | country walker #- | URL | 編集
あすかさんへ

読んで下さり ありがとうございました。
西國寺では 私だけでなく SNSでお友達にしていただいた方
私のブログに訪問して下さる方 また私が勝手に お邪魔してる方
だらける私に 喝を入れて下さる方 などなど
多くの方々の足腰・・健康でいられますように。。。と祈願しました。
 
大和湯・・毎年 通ります。
大きな銭湯でしたが 今やこうして 皆様に愛されています。

2012/02/19 (Sun) 20:46 | みるくぱん #- | URL | 編集
とほ娘さんへ

ありがとうございます。
尾道の中央部分を横長く歩くので 本当に完歩出来るのかと
最初は 思っていましたが 写真を撮ったり カフェで休憩したりで
なんとか 歩くことが 出来ました。
自分の足で まわれる有難さは 格別でした。
もちろん 掛け軸 お家に飾っています。
 

2012/02/19 (Sun) 20:47 | みるくぱん #- | URL | 編集
あまなつさんへ

ありがとうございます。 
仕事を始めてから 思うように時間がとれず ウォークが
いつも 後回しになっていますので 筋力も落ち
長時間のウォークが 脚よりも腰にきます。
それでも 完歩出来たのは やはり嬉しかったです。
 
大和湯の建屋・・いいでしょう? 私も大好きです!
 

2012/02/19 (Sun) 20:49 | みるくぱん #- | URL | 編集
country walkerさんへ

読んで下さり 感謝、感謝です。ありがとうございました。
いつか 四国の歩き遍路をしたいと願っています。
今は とても無理ですが 子育てが一段落した時は
歩いてみたいと考えています。
今の脚力では 到底だめなので これから徐々に歩くことに
時間が取れていければいいな~と思っています。
私も 寺院は大好きです。
多くの菩薩様のお顔を拝見し 手を合わせると 
心が落ち着くような気持がするのです。
『東海道五十三次東下り旅日記』にも お邪魔させていただきます。

2012/02/19 (Sun) 20:50 | みるくぱん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。