スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道散策(小休本陣常盤邸)

今朝は 冷えも強かったのですが 風もあり 歩きに出たものの

身体が温まらず 寒いな~と思いながらの ウォークとなりましたが

1時間しっかり歩き 自宅に戻り 家事をそこそこに PCに向かっています



さて、早速 昨日の続きを書きたいと思います


富士川民俗資料館(旧稲葉家住宅)と一里塚をとおり まっすぐ富士山に向け歩くと

お目当ての小休本陣常盤邸にたどり着きます
DSC_0719.jpg

お天気が良くて 街道正面には 常に富士山が見えるという絶景

その昔 この道を歩いた人々は こんな風景をみていたのかな・・と

思うと タイムトリップしてるような そんな気持ちに一瞬なりました


小休本陣常盤邸は 古文書の中に「寛永年中(1624~1644)に御小休を仰せつけられた」

とあることから 江戸時代初期にはすでに小休本陣を勤めていたと考えられています

小休本陣とは 宿と宿の間にある宿で 主として通行の諸侯や身分のある諸家の休憩のみを

目的とした施設であり 原則として宿泊は許可されていませんので

『立場本陣』とも言われていたとか・・・。


この建物は 安政の大地震後の安政3年(1856年)以後に建造されたものと判明され

その後 建物を建て替えた記録がないことから 江戸時代末期の建物と考えられています

土間部分が通り土間と前土間を併用し 居室部分を並列6間取り型に

さらに2間増やした特色ある間取りとあります

一般の民家ではなく江戸時代に名主などの役職を勤めた家柄か

その土地で財産のある民家に限られているといわれています

居室の一番奥には 大名などの賓客が座った『上段の間』という部屋があります

この部屋は 隣の部屋よりも床を9cmほど高くし床の間と違いを設け

長押しを廻す格式の高い作りとなっています
常盤邸3

表門は 寺社などで使われる『薬医門』という形式で簡素ながら重厚なつくり
常盤邸1

数年前まで おばあさまが住んでいたとお話を伺いましたが

かまどやおふろやトイレも 当時 そのままに保存されているようでした(写真下3枚)


部屋の中には 入ることはできないため 土間から見ましたが
常盤邸2

組子細工(写真上左)や 欅の太い大黒柱(写真上右) 土間の天井上部を見上げると

天井をはらない吹き抜けの空間で大きな木材が縦横に組まれていて立派でした


賃貸のマンション暮らしの私には ため息の出るばかりの建物で

昔の人の暮らしを少し垣間見ることができ 楽しかったです


また、この常盤邸・・実は 女優 常盤貴子さんの祖父母宅でもあるそうで

常盤貴子さんのお父様は ご次男で ご長男はお近くにお住まいだそうです

お盆には よくご次男であるお父様と一緒に 祖父母の墓参に来られるそうで 

その際には ここに ふらっと立ち寄られると 係りのガイドの方に聞きました



常盤邸4

庭には 大きなイヌマキの大木が立っていましたが 小田原城にあるものの

次に大きなイヌマキの木だそうです(写真右)

外に出ると 排水溝のふたには 東海道ルネッサンス岩淵というマーク(写真左上)

東海道の地図案内(写真左下)を見ながら 常盤邸を後にしました


その後は 急いで 大正時代から続く 伝統ある小まんじゅうの店『松風堂』へ
小饅頭

お昼前後には 売り切れてしまう小まんじゅうは 2,3cmくらいの

ちいさな 餡入りまんじゅうで 28個入、53個入、70個入、106個入とあり

106個入と28個入の二箱購入し 子供たちへのお土産にしました


帰りに 富士川楽座(東名富士川SA)に立ち寄り また少し歩いて下り

富士山の綺麗に見える位置まで行って パチリ・・
DSC_0726.jpg

新東名ができたので 以前のようには賑わっていませんが ここで

富士市観光課の人が 富士市のPRのために チラシを配っていました

見ると 毎年 梅の写真を撮りに行く 岩本山公園のチラシで

富士山の写真はがきもプレゼントしていただきました
DSC_0742.jpg

まだまだ、寒くて 梅は咲いてはいないようですが 今週中に一度

どんな様子か見に行ってこようと思っています



スポンサーサイト
テーマ: 写真ブログ | ジャンル: ブログ

コメント

NoTitle

本陣以外に小休止のためのお宿があるのですね初めて知りました。
東名富士川SAでの富士山は見事ですね。

新しいソフトの威力で組写真は見やすいですね。私は手動で貼り付けているので無駄な余白が出たり面倒です。

2013/01/28 (Mon) 15:52 | あすか #- | URL | 編集
NoTitle

富士川楽座に車を入れ、東名下を通り、急階段を上って東名下りSAへ・・・
私の常套パターンです。
楽座上部のガラス越しの富士山も綺麗ですが、やはり下りSAからの東名を入れた景色が自分も好きです。
「みるくぱん」さんが撮られた位置の左側にモミジがあり、紅葉の時期もなかなか良いですよ。

2013/01/29 (Tue) 09:59 | country walker #- | URL | 編集
NoTitle

オリンパスのレンズは好きですよ
富士山が綺麗に写ってます

建造物も素敵な感じです

2013/01/29 (Tue) 22:05 | あまなつ #zlH5Excs | URL | 編集
富士山いいですね。

東海道散策、ようやく楽しませていただきました。
歴史ある建造物、なかなか見る機会がないので
なるほど、、と、拝見させていただきました。

富士川楽座からの富士山いいですね。
昨年、立ち寄ったときは、見ることができなかったので
機会があれば、また立ち寄りたいです。

2013/02/02 (Sat) 19:48 | とほ娘 #- | URL | 編集
あすかさんへ

コメントありがとうございます

実は 東海道の事は あまり詳しくなく 実際 本を見るまで 知りませんでした
行って 実際に見ると 昔の暮らしがわかり ちょっと賢くなる気がしました(^_^)

新しいソフト・・実は 私も手動で貼り付けを教えてもらっていましたが
手際も悪く 毎日 やってないと 次にやろうとすると忘れてる・・の繰り返し
何度も 息子に聞くので ムッとされたり 怒られたりで
こちらのソフトを 探してきました(^_^;) 便利です

2013/02/03 (Sun) 15:54 | みるくぱん #- | URL | 編集
country walkerさんへ

コメント ありがとうございます

楽座からの富士山もいいのですが やはり 山だけ・・が寂しくて
ついつい 他のものと ドッキングさせようと 探してしまいます
紅葉・・実は 『これは 紅葉だな~・・』と思い 次の秋には ここだ~と
チェックしました。。

富士川にも 降りたかったのですが 主人とはぐれて あたふたしていたので
川は 次回にでも 降りてみようかと 思っています 

2013/02/03 (Sun) 15:59 | みるくぱん #- | URL | 編集
あまなつさんへ

コメントありがとうございます

カメラをせっかく持って行ったにもかかわらず 電池残量が乏しく
小休本陣は 全部 スマホのカメラで撮りました

最近めっきり 建物が好きになりました(^_^)

2013/02/03 (Sun) 16:03 | みるくぱん #- | URL | 編集
とほ娘さんへ

コメントありがとうございます

私も 東海道・・と聞くと オオッ!と思うのですが 詳しくなく
近場に 小休本陣があることさえ知りませんでした

歴史のある 建物は 内装がものすごく手が込んでいて じっくり見入ってしまいます

富士山は この時期 とってもきれいです
一年でも 今が一番きれいな時期だと 私は思っています
気温がぐっと下がった天気のいい日は ものすごく澄んで見えます
夏は 5月以降は お天気がよくでも 霞がかかり ぼやけます
今度は 寒い天気の日に お越しください。。

2013/02/03 (Sun) 16:09 | みるくぱん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。